聞き流す英会話教材では英会話は身に付かない!トータルで英語力が身に付く英語教材は!

今でも聞き流す英会話教材が人気らしいですが、聞き流しているだけでは英会話を習得することは難しいと感じます。ただ、目的を英会話習得ではなく、英語を聴きとる英語耳を作ることに限定すると、一定の効果があるように思います。リスニングパワー 口コミとか30日間英語脳育成プログラム 口コミなどが売れている理由がこのあたりにあるわけです!結局、英会話の習得には英語を聞き取るチカラが無くてはいけません。この英語が聴き取ることができるようになってくるとあることに気が付きます!

あまり難しい英語ばかり聞いていては、意味が無いのですが、例えばNHKラジオの基礎英語3あたりをい聞いていると、意外と聞き取れることが多いことに気が付きます。ただ、聞き取れない部分もかなりあります。この差を考えた場合、まず英文が聞き取れる場合は、自分が知っている(発音できる)英単語があるケースが多いことが分かります。聞き取れない英会話は、単語から何をしゃべっているのか分からないわけです。ここに英単語の習得の必要性を感じるわけです。英単語カンタン記憶ソフト V6000 口コミが人気なのが、これが関係しているのです。

ただ初心者の場合、目的に対して英会話教材を変えていてはイマイチ効果も半減かも知れません!できれば総合的に英語力を高める英会話教材があると便利なのでス。そこで役立つのが、企業の研修用にも使われるアルクの1000時間ヒアリングマラソン 効果です!まとまった英会話教材なので真剣に1年間続けることができれば、英語力もアップすることが想定されます!
タグ:英語力
【英会話上達のポイントの最新記事】
posted by 英会話教材 at 13:43 | 英会話上達のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英単語暗記は、音とイメージで記憶に定着!英単語カンタン記憶ソフトV6000が注目!

kisoeigo3.jpg

例えば英語を聞いていると理解できる部分と、できない部分があります。この差を考えてみると、理解できるのは知っている英単語がある場合が多いです。現在、管理人はNHKラジオの基礎英語3を聞いていますが、テキストを見ないで聞く部分では、かなり理解できない部分があります。テキストを見ると分かることが多いのですが、単に英語のヒアリングやリスニングだけで英語を理解するには、それなりの英単語を知っておく必要があると思っています。そこで英単語を効率よく学ぶ(暗記)のに適しているのが『英単語カンタン記憶ソフトV6000』です。テキストと和訳を見比べながらの丸暗記とは異なる学習法で、右脳を使った暗記方法になります。V6000 口コミ 英単語は、かなり口コミ評価も高かったりします。このV6000が英単語の暗記にオススメなのは、次の2つのメリットがあるためだといわれています!

●イメージ記憶(右脳記憶)を活用した学習法(暗記法)!英単語を『イラスト・意味・ネイティブ音声』の3つの記憶メカニズムを使用した暗記術です!
●日米特許の『場面記憶・交差法』を採用!右脳と左脳を同時に刺激する学習法です!

英単語を覚える場合、単語帳などを活用することもありますが、かなり苦痛を強いられる学習法だったりします。それが、右脳のチカラを活用した記憶方法には、チョット注目といえます。従来の左脳記憶だと、忘れるのも早かったりすることもありますが、音とイメージで記憶に定着させる右脳記憶(イメージ記憶)だと長く覚えていたれるとの評価も!パソコンを使って英単語を『眺めて聴く』暗記法に注目です!
posted by 英会話教材 at 12:18 | 英会話教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話スクールで英会話がマスターできるか?その効果的な活用法について!

英会話を学ぶために英会話スクールに通う方が多いですが、実際に英会話がマスターできるのでしょうか?例えば、ある程度の英会話のチカラがある方は、英会話のグループレッスン(グループディスカッション)などは効果があると思います。

しかし英会話初心者の場合、グループディスカッションでは英会話に慣れていないこともあり、発言回数が少なく、正しくは発言しにくいこともあり、あまり効果的とはいえません。そのためグループレッスンなら受講生が同じに学ぶのでいいのですが、ネイティブの英語に触れ合える英会話スクールでテキストを使ったグループレッスンでは、何のための英会話スクールなのか疑問も感じます。それなら通信講座やDVDなどで自宅学習する方が、まだマシのような気がします。


このように一言で英会話スクールといっても、その受講スタイル(学習方法)は、スクールごとで異なります。主にグループディスカッションかマンツーマンによる受講スタイルが多いですね。当然マンツーマンのほうが費用が高くなるのですが、個人のレベルに合わせられるメリットはあります。

特に英会話スクールは、受講料で選ぶ方がいますが、自身の英会話レベルが低い、もしくは初心者の場合、マンツーマンか2人〜3人程度の少人数のグループレッスンの方がいい感じがします。

全くの英会話初心者がグループディスカッションの英会話スクールに通っても発言できず、しかも英会話が聞き取れないジレンマになり、英語が嫌いになるだけのような気がしますね。

それなら最初は英会話を聞き取ることを目的としてスピードラーニング英語などの英会話教材で慣れるのも1つの方法です。そして英会話に慣れてから英会話スクールに通う方が効率的かもしれませんね。

特に英会話を学ぶ方には目的があるものです。管理人は、海外旅行を目的としているのですが・・・できれば海外で外人とコミュニケーションできれば更に嬉しいですよね。そこで最初は、スピードラーニング英語で英会話に慣れてから、海外旅行前に英会話スクールの短期集中コースなどに通ってみようかなと考えています。

ただ社会人だと自宅で勉強なんてしませんよね!そのため安易に英会話スクールに通う方もいるんですが、その効果となると少し疑問も感じますね。ただネイティブな英語に慣れる、もしくは英会話を学ぶ人が周りにいるという点ではモチベーションアップには便利ですが・・・できれば英会話スクールは効率よく活用したいですね!
posted by 英会話教材 at 10:13 | 英会話スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話上達は英語耳にあり!1日5分は別にして聞き流し勉強法には一定の効果が!

スピードラーニング英語をはじめ、最近の英会話教材では英会話を1日5分聞き流す勉強方法が人気ですね。これ英会話をマスターするには、まず英語耳を作ることが必要といわれていますが、この聞き流す英会話教材は一定の効果が見込めるようですね。

特に英語と日本語の違いって、言葉の音そのものの周波数が違うことです。そのため生粋な日本人には高周波の英語の音が雑音にしか聞き取れないと言われています。確かに、英語のドラマとか見ていても全く分からないですからね!それに、知っている単語すら聞き取れないことが多いです。

そのため英語を理解するためには、まず英語に慣れる必要があるわけです。そこで注目されているのが聞き流すだけの勉強法なんですね。例えば、赤ちゃんが言葉を話すのも周囲の人の会話を聞いているうちに話し出すといわれています。英会話にしても似たようなことがいえるのかも知れませんね。

ただ1日5分で英語が口から出てくるかというと疑問もあるのですが・・・やはりある程度の時間を費やしして、さらに継続する必要はある感じです。例えば、英会話教材の中には、1000時間という単位で勉強するモノがありますが、やはりそのぐらい時間は必要かもしれませんね。

こと英語に関しては、数学や理科を勉強するのとは訳が違いますよね。さらに文法にしても日本語とは逆ですから!英語を日本語に訳して理解しようとしているうちはマダマダかもしれません。

そこで興味があるのがスピードラーニング英語ですね。毎月新しい教材が送られてくるわけですが、フルセットで20万オーバーということを抜かすと英会話をマスターするのに一定の効果がある感じです。かなり気になる英会話教材ですね!
タグ:英会話上達
posted by 英会話教材 at 14:43 | 英会話上達のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードラーニングは従来の英語学習を覆す英語教材!まず英語耳を作ろう!

石川遼選手も受講中『スピードラーニング英語』エスプリラインスピードラーニング(エスプリライン)は、英語教材の中では単に聞き流すだけという学習法です。ただ、この『聞き流す』学習法(実は訓練かも!)ですが英会話を身に付けるには効果的な方法みたいですね。実は科学でも実証されているそうです。

この『聞き流す』学習の目的は、英語特有の音を聞き取る耳(英語耳)を養うことにあります。実は日本語と英語の周波数には、倍程度の開きがあるそうです。一般的に日本語の最大周波数は1500Hzぐらいなので、英語はもっと上の周波数帯みたいです。

そのため普段聞き慣れない高周波の音(英語)は、日本人の耳には上手く聞き取れないそうです。英会話を身に付けるコツが、この英語特有の音を聞き取れるようにすることなので、スピードラーニングでは『聞き流す』訓練の中で英語耳を養っていくわけです。

スピードラーニングの学習方法


スピードラーニングでは、英語→日本語の順で聞き流していきます。基本的に、テキストを目で追う学習法と違い、耳から英語を学習していく方法なのでスクリプトブックが付属されていますが、見る必要は無いみたいですね。

しかも対話形式による短いストーリー(1センテンス4秒ぐらい)なので聞いているだけで、だいたいストーリーがわかる内容みたいです。

なおスピードラーニングでは、英語→日本語の順で聞き流していくのですが、実は日本語→英語の順にすると日本語を英語に訳そうとする思考回路になるため、何時までたっても英語が身に付かないようです。そこで英語→日本語にすることで次第に英語を英語で理解するようになるそうです。

一度は諦めた英語かもしれませんが今一度チャレンジしてみませんか!

あなたは【誤った英会話習得法】をやっていませんか?
posted by 英会話教材 at 07:38 | 英会話教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。